プレスリリース

2011年12月5日から文字が大きく

2011/11/01

 静岡新聞は12月5日付朝刊から、記事の文字をひと回り大きくします。

 新しい文字は現在の文字より面積で20%大きく、国内の新聞では最大級です。一部の紙面・記事を除き、これまでの1行11文字は10字になります。高齢者や子どもの読者の皆さまにも、読みやすい紙面になります。

 情報量を減らさないように、記事は簡潔で分かりやすくします。見出しやレイアウトも工夫し、これまで以上に豊富なニュースを報道できるよう努めます。引き続きご愛読をお願いいたします。



【以下PR版は原寸大でご覧になれます。クリックして「倍率100%」でご確認ください】

    

    



バックナンバー

静岡新聞SBS 2013夏休み親子ふれあい見学会
静岡新聞朝刊記事、午前10時からデータベース公開
村上龍さんの長編小説「55歳からのハローライフ」 12月13日から
静岡新聞 連載小説「正妻 慶喜と美賀子」(林真理子・作) 12月13日から
2011年12月5日から文字が大きく
静岡新聞創刊70周年・静岡放送開局60周年 「Link□ きみとつながる!」
静岡新聞 土曜夕刊を廃止